今からアコースティックギターの弾き語りを始めよう!って思ったとき、まず一番悩むのが最初の1本のギター選びですよね。

なんたって、音質がどうこうとか、材質がどうこうとか、響きが、サイズが、ってまったくわからない状態なのに、世の中に数多あるピンキリのアコースティックギターの中から1本を選ばないといけないんですから。

初心者ギターの練習を始めてからの2本目、3本目のギター選びより、はるかに難しいです。

ということで、どれだけ続くかもまだわからない最初のアコギとして、5万円以下の値段で買えるリスクの少ないアコギ、でもちゃんとしていて安心できるモノを4つご紹介します。

3~4万円台くらいでなんとかなるヤマハを2種類と、2~3万円台くらいでなんとかなるフェンダーを2種類です。

初心者向けアコギのド定番 ヤマハFG820(FG830)

初心者の最初の一本に最適なヤマハFGシリーズ

今回紹介する4種類の低価格アコースティックギターの中では、一番高めの値段になるのですが、まず始めに、そして初心者の1本目に一番おすすめしたいのが、ヤマハのFGシリーズのアコースティックギター。

これぞアコギというしっかりした大きめサイズのボディ、ジャカジャカ弾く弾き語りコードストローク向きのパワフルでしっかりと出るサウンド、THE アコギな1本です。

ちゃんとアコギの大きめボディサイズ

アコースティックギターのボディサイズ(音を響かせる空洞部分のサイズ)が大きいというのは、音も大きくなるので良いのですが、物理的に幅や厚みが単純にかさばるので、女性や体の小さい方には、慣れるまでは抱えるような弾き方のときは、若干もてあますかもしれないです。

ちょっとだけ安いFG820と、ちょっとだけ高いFG830

ヤマハFGシリーズのアコースティックギターラインナップにはかなり値段の近いところにFG820とFG830という種類があります。FG820が安くて、ほんのちょっとFG830が高いかなーくらいです。

FG820とFG830の違いはサイド(ボディの側面)バック(ボディの背面)の木材がマホガニーかローズウッドということくらいです。

使用している木材の違いは、ギターから響く音質に影響があるのですが、初心者アコースティックギターの練習での万能感でいうと、ローズウッドを使っているFG830がおすすめです。

ただ、音質は好みの問題で、FG820もFG830も同じくらい良いアコースティックギターなので、シンプルに「値段がちょっとでも安い方がいい」とか「自分の好みのカラーバリエーションがある」とかでFG820を選んだとしても全然問題ないです。

どっちを選んだとしてもコスパGOODの優秀アコースティックギターです^^

ちょっと小さめで初心者にも弾きやすい ヤマハFS820(FS830)

ちょっと小さめで弾きやすさUP♪+音もいい♪

最初に紹介した一番おすすめのアコギ ヤマハFG820(FG830)と同じヤマハからの優秀コスパアコースティックギター。

FG820(FG830)との違いは、ギターのサイズが全体的に少し小さいことと、ボディの形状のくびれがやや強めに入ってること。

基本的に、ボディが大きい方が音が大きくなって良いのですが、小さいということは取り回しもしやすく、女性や体の小さい方、小さめのギターが扱いやすくて好きという方におすすめです。

スケール(弦の長さ)が短めになるので弾きやすい

FG820(FG830)よりボディサイズが小さいことに加えて、FS820(FS830)はスケール(弦の長さ)もちょっと短めになります。

このスケールの違いのおかげで、フレットの間が少しだけせまくなったり、弦の張りの強さがちょっとだけ弱まって、初心者が助かる弾きやすさがでる効果があります。

ちょっとだけ安いFS820と、ちょっとだけ高いFS830

ヤマハFGシリーズと同じパターンで、FSシリーズにもFS820とFS830があります。

2つの違いもFGシリーズと同じように、サイド(ボディの側面)バック(ボディの背面)の木材がマホガニーかローズウッドというところです。

やはり、初心者の練習での万能感を考えるとローズウッドのFS830をおすすめしますが、値段やカラーバリエーション基準でFS820を選んでも全然オッケーです。

バツグンの超優良コスパのアコギ フェンダーCD-60S

3万円を切ってくる超コスパで、でもちゃんとしたアコースティックギター

上記のヤマハのFG・FSシリーズで、初心者向けの安いアコースティックギターの定番はおさえてるし文句なしなんですが、さらに安さを求めるなら、フェンダーのCD-60Sをおすすめします。

5万円どころか3万円を切ってくる激安の値段ですが、そこはさすがのフェンダークオリティ。

ちゃんとしたアコースティックギターをこの安さで手に入れられるのは、もう驚きです。

アコギの王道 ドレッドノートボディにスプルース単板トップ

ボディはしっかりとしたドレッドノートタイプ、トップはスプルース単板。
サイド・バックはマホガニーを使った王道タイプのちゃんとしたアコースティックギター。
最初っからボディのネック側にストラップピンが付いてるのも、使い勝手がよくて嬉しいですね。

ちゃんとしたアコースティックギターを、とにかく安くと突き詰めていくと、ヤマハFG・FSを通り過ぎたあとは、もうフェンダー一択になってしまいそうです。

抜群コスパのフェンダーアコギの小さめボディ CC-60S

3万円切ってる超コスパ フェンダーのアコギのボディ小さめ版

上記で紹介の超コスパ優良アコギのフェンダーCD-60Sのボディサイズがドレッドノートから、やや小さめのコンサートサイズになっているのがCC-60S。

フェンダーCD-60Sとは好みの差で

CD-60Sとの差はボディサイズくらいで、ちゃっと使えるアコースティックギターとしては変わりないので、もう見た目とかの好みで選んじゃってもいいですね。

CC-60Sのコンサートボディは、少し小さめなのと、CD-60Sのドレッドノートよりもボディ形状のくびれがちょっと強めです。

まとめ:やはりヤマハがおすすめ

5万円以下なら、やはりヤマハのFG・FSシリーズがおすすめになります。

音のこともよく分からないし、自分の好みのタイプも分からないから、何も心配せずに見た目と値段だけで選びたいのであればFG820・FG830あたり。

できるだけ小さめギターで、押さえる力も少なくて済むようにというのであればFS820・FS830あたりで、失敗はないのかなと思います。

あとは、予算がどうしてもヤマハFG・FSシリーズに届かない、もしくは見た目がフェンダーの方が好きという方はフェンダーCD-60SかCC-60Sかという感じですね。

自分の最初のギター選びしていた10年前に、こういうのを知っておきたかったなぁ^^

おすすめの記事