押さえ方が非常に簡単で、頻繁に出てくる必須マイナーコード、Em。
キーCメジャーのダイアトニックコードⅢm、キーDメジャーのダイアトニックコードⅡm、キーGメジャーのダイアトニックコードⅥmとしてよく出てきます。

使う指は中指と薬指だけ、人差し指と小指は使いません。初心者にも優しい超簡単な押さえ方のギターコードになります。
人差し指で複数個所をまとめて押さえるセーハのような難しいものはなく、2本の指で1カ所ずつ押さえるだけのかんたんな押さえ方になります。

押さえていない6弦・3弦・2弦・1弦も開放弦の音を使い、すべての弦を弾きます。
初めてでもすぐ押さえられるくらい簡単なギターコードですが、油断して押さえている指が上下の弦に触れて音を消してしまわないように気をつけましょう。

このEmというギターコードは頻繁に出てきますが押さえ方もコードチェンジも簡単なので、早いうちに覚えてしまいましょう。

Em(イーマイナー)の押さえ方ポイント

6弦:どこも押さえずに開放弦(E)
5弦:2フレットを中指(B)
4弦:2フレットをくすり指(E)
3弦:どこも押さえずに開放弦(G)
2弦:どこも押さえずに開放弦(B)
1弦:どこも押さえずに開放弦(E)

●弦の名前(数え方)
上から順番に6弦、5弦、4弦、3弦、2弦、1番下が1弦となります。
●押さえる場所(フレット)の数え方
ヘッド側(弦を巻き付けて音程調整するつまみペグがある方)からボディ側に向けて順に数えていきます。
何も押さえていない状態(開放弦)を0フレットとして、金属の縦棒で区切られた長方形スペースを1フレット、2フレット、3フレットと順番に数えていきます。
指板(弦の下の木の板部分)やネック側面に点や丸などのマークが入ってるときは、3・5・7・9・12・15・17フレットのある場所の印になるので、知っているとフレット数が数えやすくなります。

開放弦の音に気を付けながら

6弦・3弦の音がちゃんと出ているか

6弦と3弦は押さえている中指とくすり指のすぐ近くの上下の弦です。
ちゃんと弾けているか、指が当たって音を消していないか、気をつけましょう。

おすすめの記事